住宅ローンの選び方のポイント

  • ローン返済は無理なく返せる金額を考えて

    • カードローンで10万円のお金を借りております。


      年の金利が15パーセントのために1年間で15000円の利息がつきます。

      その15000円が1日ごとに加算されていくのです。

      よって1日41円の利息がつきます。

      そう考えると10万円を借りたとしても、1日の食事を少し減らすだけで、利息分を支払うことができます。



      返済に関しては、すぐに返さないといけないと思えば辛いですが、長期的にみればたいしたことではないのです。ローン返済は無理なく返せる金額を考えて自分の上限を把握しうまく自分と付き合っていければ、安心して使えるカードです。ローンを好まない人がいますが、使い方やシステムを知らない方が多いため、その便利性を知らないのでしょう。



      ただ返済ができないまでに借りてしまうことは、良くないことなので無理のないように心がけが必要でしょう。お金を借りている立場ですが、返済をスケジュールを組んで返していくと、金額も徐々に減ってくる事が楽しみになってます。
      銀行にはローンはいろいろなものがあります。



      ローンはいろいろ使い道が決められているものがあります。例えば、在宅、教育、マイカー、トラベルなどのものには目的に応じた貸し方があります。



      そして、これらの借いれを受けるためには、審査を受けてこの審査に受かることができればこれらのローンを受けることができます。上のものは使い道が示されているますが、使い道が自由なローンもあります。



      このような使い道が自由な物の代表例は「カードローン」です。そして、このカードは利用限度額の範囲の中ならいくらでも借りることができます。



      この中ではいつでも何回でもお金を借りることが出来ます。
      そして、このキャッシングカードはお金を借りることが出来る場所では、コンビニやATMでお金を借りることができます。



      お金を返すときは、銀行で引き落としされることができます。
      このようにお金を借りることが便利ですが借りたお金ということは忘れないようにしましょう。



  • 関連リンク